FC2ブログ
2015/04/08

KHMのご案内

いつもお世話になっております。
つばさクリニック岡山の 辻 です。

先日のブログで、「寒さも今週が底」と申しましたが、
めっちゃ寒いです。今週。嘘をついて申し訳ありませんでした。
皆様体調など崩されませんよう。

XWGhnnWzYv3Ynb7_bZD7f_32.jpg


今日は倉敷で毎月開催しているKHMのお知らせをさせて頂きます◎
20150330--8

2015.4.17(金)18:30~19:30
第26回 Kurashiki Home-care Meeting
『多職種でつなぐ幸せの一口=口腔ケア・摂食・嚥下の視点から=』
講師 : 猪原歯科・リハビリテーション科 訪問診療部 歯科医師 猪原 光 先生
会場 : 倉敷商工会議所3F第5会議室(倉敷市白楽町249-5)

※参加無料ですが、事前申込が必要です。
  ↓申込書をダウンロードし、つばさクリニックまでFAXをお願いいたします。
  http://www.tsubasa-clinic.net/school/school-m.pdf


広島県福山市にて訪問歯科をされていらっしゃる猪原先生にお願いして、
「最後の一口まで自分の力で」を体現している試みの数々をお話頂きます。


人間誰しも、自分の好きなものを、自分の口で食べたいものです。
加齢に伴う現象として、切っても切り離せない嚥下機能の低下とどのように向き合っていくか。


個人的にも非常に気になる内容なので、楽しみにしております。


皆様是非お誘いあわせのうえお越しください◎
スポンサーサイト
2015/01/28

KHMについて

いつも大変お世話になっております。
事務長の上畑です。

最近はブログを辻さんに任せきりで・・・
怒っていなければいいのですが・・・
Mr.辻
(ふてくされている!?怖いですね~)

さて、先日第23回KHMを開催しました。
今回は中村理事長が『食べるということ ~栄養食品を味わう~ 』というテーマで開催させて頂きました。
KHM23-1 

栄養食品や嚥下食などを患者さんに薦めているけど、実は食べたことがないという医療・介護関係の方々が居られるのではないでしょうか?そこで今回は、講演だけでなく、『味わう!』という事も内容に盛り込ませて頂きました。
医療の現場で使用する色々な食品等を味わいます。ちなみにブースは当院のスタッフが立ちました。

理事長自らがブースに立ち、『美味しですか!?』と・・・
KHM23-3


岡田院長も頑張ります。
KHM23-3


メーカーさんにもお手伝いいただきました。
KHM23-4

在宅だからこそ、『食べる』という事を大事にサポートできればと思います。
ご参加いただいた皆様、有難うございました。


~次回以降のご案内~

お申し込み期間 : 開催日の2週間前~前日まで
 

2/13(金)第24回 『 認知症と向き合う 』 つばさクリニック 医師 井戸 茂樹

3/20(金)第25回 『 呼吸の診かた、感じかた 』 つばさクリニック 医師 山科 明彦

4/17(金)第26回 『 多職種でつなぐ幸せの一口 =口腔ケア・摂食・嚥下の視点から= 』

医療法人社団 敬崇会 猪原歯科・リハビリテーション科 
訪問診療部 歯科医師 猪原 光 先生

お待ちしております。
2014/11/25

第21回KHM

いつも大変お世話になっております。
寒い日が続いております。皆様、風邪をひかないように体調管理にはお気を付け下さい。

さて、先日第21回KHMを開催しました。
今回は、『エンゼルケア』の実践という事もあり、訪問看護師さんを中心に多くの方にご参加いただきました。
KHM21st-1 KHM21st-2 KHM21st-2

エンゼルケアは、ご遺族にとっての大切な時間の一つです。我々医療者にとっても同様で、多くの学びや考えさせられることの多い時間です。最期まで看る医療機関として、『家』という意味を深く考えながらエンゼルケアにも取り組んで行きたいと考えています。

ご参加された皆様、本当にお疲れさまでした。

エンゼルメイク後のNs原田
KHM21st-5

一生懸命に聴くスタッフら(最期の人がシブいです)
KHM21st-6 KHM21st-7 KHM21st-8

次回、今年最後のKHMは、院長岡田の「南極越冬隊」のお話です。
皆様のご参加をお待ちしております。


2014/11/12

おくりびと

image1 (640x480)
いつもお世話になっております。つばさクリニック岡山の辻です。

年末も近づき、ここ最近グッと冷え込んできましたが、皆さま寒さ対策は万全でしょうか?
私事ですが今春引っ越した住まいにこれといった暖房器具がなく、そろそろ検討しないといけないと考えております。(遅い)

さて、話は変わりますが 『納棺師』 という職業をご存知でしょうか?
私は恥ずかしながら在宅医療に携わるまで詳しく知りませんでした。

Wikipediaより・・・
『納棺師(のうかんし)は、死者を棺に納めるために必要な作業と関連商品の販売を行う職業人である。
映画『おくりびと』でその存在が世間に知られることとなり納棺師に対する興味と
職業としての納棺師、産業としての納棺が知られた。呼称は他に湯灌師、復元納棺師と決まった規定はない』

人の一生の終わりに切っても切り離せない職業の方々であり、在宅医療の現場では特にそうであるかと思います。

納棺師の方からお話を聞いてみたい!というつばさクリニックのスタッフからの要望も多く、
この度納棺師の方にお願いし、院内勉強会を開催して頂きました。
P1050584 (640x480)  P1050586 (640x480)
P1050589 (640x480)  P1050587 (640x480)
とても良い勉強の機会になったかと思います。講演依頼をお受け頂いた納棺師の皆様に感謝いたします。

納棺師の方のお話は、次回11/21(金)のKHMでも聞いていただけます。
詳しくはホームページ中段をご確認ください!
つばさクリニックホームページ
2013/11/14

第10回KHM

つも大変お世話になっております。
事務長の上畑です。

明日、第10回のKHMを開催致します。
KHMに取り組む当初は…、
『本当にできるのか?』
『続ける事が出来るの?』
『ネタ切れにならないかな?』
などの意見がありましたが、地域の皆様とつばさクリニックの熱い職員達のお蔭で、第10回を無事に迎えることが出来ました。
いざ始めてみると、ネタ切れなどの不安も微塵にさせないくらいテーマとして取り上げたい内容がいくつもあり…、これからもつばさクリニック職員一同、地域への貢献として頑張って取り組んで参ります。

さて、今日は、前回のKHMを…。
前回は、倉敷中央訪問看護ステーションの看護係長 樋口妙子先生に『在宅患者との関わり 訪問看護の立場から』というテーマでご講演頂きました。
P1020608.jpg P1020594.jpg

訪問看護師という職種の紹介や、日々取り組んでいる連携について、また、在宅医療においての看護師としての役割などについてご講演をいただきました。

P1020612.jpg P1020587.jpg

地域の患者様の『家に居たい』を支えるためには、訪問看護師さんのチカラは必須です。
これからもお互いに支え合い患者様の療養をサポートしていければと思います。

樋口先生、お忙しい中ありがとうございました。

※ おまけコーナー
前々回だったと思いますが、院長からの挨拶。
鼻血
鼻血を出しながら挨拶…。なぜ!?



ここの会場には子供連れでも聴講できる部屋があります。
P1010838.jpg

部屋の中はこんな感じです。子供連れでも参加できる会場です!いいですね~
P1010840.jpg

ちなみに外から見ると…
P1010842.jpg

時々、子供連れの参加者がいらっしゃるのですが…
この日はつばさのスタッフが子供連れでした。
P1010942.jpg
!?何かを持っています。

asas.jpg
んん!?『お誕生日おめでとう…』

asas2.jpg
何かくれよ!!と言わんばかりのアピールをしていました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。