2016/01/29

診療報酬改定とつばさの日常!

いつも大変お世話になっております。
事務長の上畑です。

この4月の診療報酬改定についての情報がチラホラと出てきました。
今回の流れとしては・・・

1)地域包括ケアシステムの推進と医療機能の分化・強化・連携
(医療機能・チーム医療・質の高い在宅医療・住み慣れた地域で療養や生活を継続できるための取組など)

2)患者さんにとって安心・安全で納得できる効果的・効率的で質が高い医療を実現
(かかりつけ医・情報通信・患者さんへのリハビリ・機能回復など)

3)重点的な対応が求められる医療分野を充実
(緩和ケア・認知症・難病・小児など)

4)効率化・適正化を通じて制度の持続可能性を高める
(後発品薬品・在宅への退院支援・投薬・医薬品など)

といった、大まかな方向が出てきています。
とてもザックリですが、経済・財政、何よりも今後迎えるであろう超高齢社会を見据えての改定で、ポイントは『地域包括ケアの推進、すなわち地域で過ごす事』になるのだと思います。効率化も大事ですが、より質の高い医療を提供でき、患者さんがそれを十分受ける事のできる内容となれば良いのですが…。
医療機関にとって2年毎の診療報酬改定はとても大きな意味を持ちます。どのような結果であっても、つばさは地域の在宅医療の一端を支えるべく、しっかりと目の前の患者さんと向き合い、【家に居たい】を支える事に専念していきたいと思います。
(欲を言えるのであれば、在宅医療の充実!につながる改定になればと思っています。)

さて、固い話はそれぐらいで…

先日、岡田院長が50歳を迎えました。
医師としての定年まで・・・あと40年ぐらいでしょうか!?(90歳???)
岡田院長はスタッフらの心のよりどころです。日々の感謝として・・・
20160129-1
一番のヤングの女性陣から・・・

20160129-2
せ~の

20160129-3
Fu~

20160129-4
岡田院長の大好きな沖縄三線が書かれたケーキです。

20160129-5
結局、食べるのはスタッフですが…
50歳おめでとうございます。これからもよろしくお願いします!

『おまけ』
つばさの【ザ・在宅】といえば・・・井戸先生。(右奥)
年末、一緒にに釣りに行ってきました。総社のあさのクリニックの浅野直先生(左から2番目)も一緒です!
記念撮影!!
20160129-6

井戸先生は医師としては最高なのですが、釣り師としては・・・。
釣りの話し(8割)もさることながら、在宅医療の熱い話(2割)も共有できる貴重な時間でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。