2015/01/29

在宅医療のスムーズな移行のためには・・・

いつもお世話になっております。
つばさクリニック岡山の辻です。



岡山のクリニックに、また新しい職員が増えました。



image1 (361x640)
倉敷のつばさクリニックでソーシャルワーカーをしていた、井上です。
(着任初日から忙しく働いています!)


つばさクリニックは、一般のクリニックとしては珍しく、ソーシャルワーカーがいます。

患者さまが安心して在宅医療を受けるためには、その方の「病気を診る」のではなく、
生活も含めた「人を診る」という事が大切になる事はよく言われることかと思います。



患者さまの家族構成や介護者、

どんな食事をとられているのか、

どんな医療処置をしているのか、

どんなサービスを必要としているのか、


何よりどんな思いでお家で過ごそうとされているのか。


入院や外来通院から訪問診療に移行するときには、こういった細かな事柄をしっかりと集約できるかがカギになります。

つばさクリニックとしては、患者さまがうまく在宅療養に移り、お家で良い時間を過ごしてもらえるか、
ワーカーさんの働きで少なからず左右されると感じています。


井上さん、つばさクリニック岡山での活躍を期待しています!

倉敷では引き続き、ソーシャルワーカーの南がおりますので、皆さまどうぞ宜しくお願い致します◎

コメント

非公開コメント