FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/12

尾道方式とは・・・

いつもお世話になっております。
つばさクリニック岡山の 辻 です。
しばらくぶりの更新になりました。

先日岡山市医師会主催の勉強会に行ってまいりました。
IMG_0517 (600x800)
『超高齢社会に求められる在宅医療と地域のシステム』

地域ケアシステムとして成功しているとされる、
尾道市のロールモデルを引っ張っておられる
片山医院院長・前尾道市医師会会長の片山先生の講演です。

既に良く知られているご高名な先生のお話なので
私がお伝えすることも憚られますが・・・

尾道モデルの核となるのは、「15分で行うケアカンファレンス」であり、
地域の開業医の医師、急性期病院から回復期リハ病院の医療従事者、高齢者住宅や介護サービススタッフ、民生委員の方々まで含む、多職種でのカンファレンスが日常的に行われているそうです。

患者さんにとってベストな環境を作るカンファレンスが定着したのは、
尾道では職種間の意見交換が活発に行われる土壌ができていることや、
患者さんに関わる全員がそれぞれの専門性を活かし、
意識・モチベーションが高くあるからこそ、との事でした。


こういった環境づくりは一朝一夕ではならないとは思います。
つばさクリニックとしても「つばさならでは」の専門性を活かしながら
少しでも地域に貢献していきたいと感じました。


さて、今月のカフェつばさですが5/14(木)に予定しております。
テーマは『認知症』
2025年には700万人を超えるとも言われています。
これも多職種がうまく連携をとらないと支えていくことが難しい病気のひとつかと思います。
カフェつばさ(第9回)

是非ざっくばらんにお話をしに来て頂けたらと思います。
つばさスタッフ一同お待ちしています!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。